2

本日、2度目の羊の木を鑑賞。

1度目というともう衝撃のが強くて、せっかく豊洲まで来たし買い物して帰ろうという気持ちだったのが一転。映画のことしか考えられないというか、考えたくないという気持ちになるという感じだった。で、今回もそこそこに引きずっている。1度目とは見方を変えて見た結果、泣きまくった。切なくて…宮腰が。

1度目見た時は月末目線だったけど、今回は宮腰目線が多かった気がする。そしたらもう初っ端のサイダーを飲みながら月末に話すシーンとか、のろろ〜!と言いながら子供たちを追っかけるシーンとかで涙目になってしまい、ずっと、「宮腰…宮腰……切ない。」と、そんなことばかり思ってた。

普通がどれだけ彼にとって眩いものか。普通に生活出来そうな気がしたのに。普通に友達と話してるような、恋人同士になれたような。でもそんな普通は、彼には訪れなかった。序盤の生き生きとしたところから、スイッチが切り替わるあの瞬間やら表情の一つ一つがほんとに辛かった。そして終盤のこの言葉。

「今も人殺し。これからも。」

「僕はずっと僕でしかない。」

これを聞くと苦しさがピークに達した。帰り電車に乗りながら、自転車に乗りながら、回想してまた泣きそうになった。。

その他に、今回前回以上にりょうちゃんの色んな表情に引き込まれた。元受刑者を受け入れる時、元殺人犯と知った時、文が帰ってきた時、太田の過去の話を聴く時、文がのろろ祭りで宮腰を探していた時、文に宮腰が人殺しと伝え、誤った時、宮腰に誤った時、宮腰にギター教えるよと行った時、何考えてんだよ、ふざけんなよ、友達だろ?って言った時、文と信号で鉢合わせしてラーメンという時。

ほんとに、細部にわたって表現出来るすごい人なんだなと、改めて思った。「普通を演じる天才」と吉田監督が話していたみたいだけど、強く共感した。今後はどんな役がくるのかなと、活躍に期待。

羊の木、みんなどんな思いで見てるのかなぁと思い、見た方のブログとか読むと、共感したりそういう見方もあったのかぁと発見があったりと、とっても面白い。

まだまだ全国ロードショー中!

DEATH IS NOT THE END

昨日の余韻をまだ引きずってる。

昨日の質疑応答で吉田監督に質問すればよかったなぁと思ったことがあったのだけど、挙手する勇気はとてもなかった。

質問の内容は、エンドロールで流れる「DEATH IS NOT THE END」について。どうしてこれを抜擢したのかなって。以前りょうちゃんのANNで吉田監督と音楽の話になった時、すごく拘ってるみたいなこと言ってたし、ANNでかけてた音楽もすごく昔のロックバンドの曲で、吉田監督の音楽の好みも気になってた。

とりあえずこの歌詞の和訳がどんなものか、調べたら和訳して下さった方がいたので、まとめる。

 

---------------

君は、切ない時も、君は寂しい時でさえ友人を頼らなかった

どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではなく、侵す事が出来なくて取って置く様なものでもない
倒れても、アラビアの帆船は屈服しない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

終わりではない、終わりではない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

君が分けの判らない岐路に立っているのなら
どうか覚えて置いてほしい
死は終わりではなく、君の夢の一切が消え失せてしまう事でもない
そして君はその結び目に何が起こったのか知らない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

終わりではない、終わりではない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

君の周りに騒動の暗雲が立ち込め、豪雨に見舞われる
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではなく
そこに君を助けよとして手を差し伸べ、慰める場所はない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

終わりではない、終わりではない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

ああ、人の十字架は重くなる
魂は決して涸れない
そして栄えある救済の灯火は、闇に又空しい天に異彩を放つ
都市が燃える時
焼け付く人の肉を思えば
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない
その時、君は確認しようとして徒労と知りつつ
市民を守っている過不足ない唯一の法律を調べる
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

終わりではない、終わりではない
どうか覚えて置いてほしい、死は終わりではない

---------------

最初歌詞の解釈をせず、メロディーだけ聴いてもこの映画にあってそうだなぁと思ったけど、その和訳を見たらもっとしっくりきた。繰り返される、「死は終わりではない」という歌詞。劇中で栗本が行った言葉とリンクした。

こんな風に音楽を見つけて来るなんて、すごいなぁ。劇中歌もなかなか不穏な感じで、ずっとゾワゾワしてたもんなぁ。

単純に、もし近くに元殺人犯が来たら…。もしかしたらもうそんなプロジェクトが発動していふかもしれない…。そんなことを考えてしまう。

 

 

一応英詞も載っけておこう。

 

When you're sad and when you're lonely
And you haven't got a friend
Just remember that death is not the end
And all that you held sacred
Falls down and dows not bend
Just remember that death is not the end.

Not the end, not the end
Just remember that death is not the end.

 

When you're standing on the cross-roads
That you cannot comprehend
Just remember that death is not the end
And all your dreams have vanished
And you don't know what's up the bend
Just remember that death is not the end.

Not the end, not the end
Just remember that death is not the end.

When the storm clouds gather round you
And heavy rains descend
Just remember that death is not the end
And there's nowhere there to comfort you
With helping hand to lend
Just remember that death is not the end.

Not the end, not the end
Just remember that death is not the end.

Oh the tree of life is growing
Where the spirit never dies
And the bright light of salvation
Shines in dark and empty skies
When the cities are on fire
When the burning flesh of men
Just remember that death is not the end
And you search in vain to find
Just one law abiding citizen
Just remember that death is not the end.

Not the end, not the end
Just remember that death is not the end.

f:id:siookayu:20180204233054j:image

羊の木

f:id:siookayu:20180203163352j:image

ついに本日より公開。

2016年に発表があってから、ずっとずっと楽しみに待ち続けた。そして今日は人生で初めて、舞台挨拶に行った。豊洲の回。公開日に行くこと、舞台挨拶に行くこと、どれも初めて尽くしだった。

 

映画の内容は色んなところで出てるから、感想だけ。感想と言っても、まともなことは全然出て来ず。。なんとも言えないというか、消化しきれずでずっとぼやーっとしてる。暫くこんな感情を引きずるんだろうなって思うし、余韻に浸れるのがまた面白いなって思う。ゆっくり自分の中に落とし込もう。

 

舞台挨拶。

りょうちゃんと吉田監督の2人かと思っていたら、なんと木村文乃ちゃんも来てくれた。御三方からのご挨拶、質疑応答、撮影のエピソードなど、色々話してくださったのだけど、りょうちゃんに見惚れてほぼほぼ覚えてない。さっきまでスクリーンの中にいた人がこの舞台にいて、話してるって、、動悸息切れ手汗、低体温の私の身体が火照る始末。。本当に存在してて、この場にいるんだなぁってそんなことばっかり思ってた。

 

今日を皮切りに舞台挨拶に飛び回るりょうちゃんと監督さん。今までも取材やら番宣やら、多忙な日々をお過ごしだけど、どうか体に気をつけてほしいな。

 

あーほんと、沢山の人に羊の木を観てもらいたい。そしてどんな風に思ったのか話したい。

羊の木、本日より全国ロードショーです!

20091224

f:id:siookayu:20171223224332j:image

志村が逝ってから丸8年。ついに彼の歳に追いついてしまった。「なりたかった大人になれたのか 悩む今日であります」という歌詞がとっても胸に響く。

フジの楽曲はへんてこりんで摩訶不思議(褒め言葉)だったり、かと思えば情緒的で泣いてしまったり。その振り幅に驚きの連続だった。

彼はもうこの世にはいないけど、毎年この日に彼のことを思い出すし、彼が作った楽曲を聴き続けるんだなと思う。

 

 

フジファブリック/タイムマシン

時が経ったら何か変わるかな
少しは偉くなるものなのかな
なりたかった大人になれたのか
悩む今日であります

誰か僕に 誰でもいいよ
優しくしてくれないかい

大きな声で 歌えば届くかと
出来るだけ 歌うんだ

僕はまあまあ 元気で居るけど
すべてうまく行く事は あんまない
誰かに話す事で楽になる
そんな日もね あるよ

欲を言えば 欲を言えば
君の声が聞きたいんだ

戻れるかな タイムマシンのように
同じように 笑えるかい

だいたい そうだ ホントに そうだ すべてがうまく行くわけない
だいたい そうだ なるべく そうだ 後悔だけはしたくないのです

大きな声で 歌えば届くかと
出来るだけ 歌うんだ
戻れるかな タイムマシンのように
同じように 笑えるかい

LIVE!

今年行ったライブや舞台のまとめでも。

 

1/28 OGRE YOU ASSHOLE@松本ALEX
2/28 CHEMISTORY@東京国際フォーラム
5/20 上を下へのジレッタ@Bunkamuraシアターコクーン
6/17 俺節@赤坂ACTシアター
7/9 エレファントカシマシ@オリンパスホール八王子
7/15 Mr.Children@福岡ヤフオクドーム
7/30 FUJIROCK FESTIVAL 2017@苗場スキー場
8/15 関ジャニ's エイターテインメント@東京ドーム
9/5 MEW@渋谷QUATTORO
11/19 エレファントカシマシ@大宮ソニックシティ
12/17 OGRE YOU ASSHOLE@恵比寿LIQUIDROOM

 

こうして振り返ると結構色んなところに飛んだんだなぁ〜って思う。ジャンルも様々。ほんとは一つ一つ振り返りたいけど、取り急ぎスケジュールだけ。

来年は今年よりは行けないだろうなと思うけど、楽しみ作っとかないと実習とか試験とか乗り越えられる気がしないので、程々にライブに行けたら良いな。ライブに行って、パワーをもらわねば。生を体感したい。

終わらないにゃ〜

 f:id:siookayu:20171202223741p:image

先週、まるちゃんのお誕生日の日に泥棒役者を観てきた。なんて良い映画だったんだろう。心の底からハッピーになった。もう大満足。みんなこんなに面白い映画観ないなんて、損してるよ!って言いふらしたくなるくらい本気でお勧めしたい映画だった。
それぞれのキャラの心の動きとか表情とか、全員が漏れなくハッピーエンドなところとか。あと小ネタとか。あぁ良かったなぁ〜って思えるところがいっぱいあった。細かいところでいうと、はじめが金庫の鍵を開けるシーンと、最後の笑顔のシーンがめちゃくそイケメンでキュートだった。あと、最初のタイトルが出てくるシーン。最初この映画が発表されたときのあのロゴ!!あのロゴが変わっちゃったの、ちょっと寂しかったから映画でバーンて使われててかなり嬉しかった。あとはやはり応答セヨがほんとに映画に合ってた。エンドロールに「丸山隆平」って出て、応答セヨが流れて。もう泣くしかないだろ。はじめにもまるちゃんにもリンクしてるなって思ったらさらに鳥肌たって泣けた。

あと、映画の内容もハッピーだったけど、空間もハッピーだった。一緒に観てたお客さんたちも老若男女といった感じで、幼稚園くらいの子もいた。みんな観ながら沢山笑ってたり、終わってからもちびっ子が応答セヨ歌ってたりと、ほんとに心が温まった。

映画を観終わってから、これ舞台でも観てみたいな…って思ってたら、なんと本日舞台化が決定!!!!これはもう絶対に観るしかない!!!!来年の楽しみがまた一つ増えたなぁ。

君は僕の太陽

まるちゃん怒涛のメディアラッシュ。ほんっっっとに出ずっぱりでお疲れ様です。まるちゃんの笑顔、温かな言葉、撮影時のエピソードにとっても癒されている。研修でブルーな気持ちを晴れやかにしてくれてありがとう。私の疲れた心と体に染み渡りました。

雑誌はとりあえずパーソンとFLIXを購入。特にFLIXの写真が好きだな。本屋さんでうわぁ…かわいい…って声出ちゃった。ほんとにかわいくて。

「泥棒役者」もいよいよ公開。まるちゃんの誕生日の日に観に行く予定。楽しみだな〜。

 

 

 

 

 

 

 

ちらり。

f:id:siookayu:20171112182549p:image