俺節観劇

f:id:siookayu:20170618071221j:image

昨日、俺節の昼公演に行ってきた。

舞台が決まった時からずっとずっとこの日を楽しみにして来た。ネタバレは回避しつつ色んな方の感想ツイートを見ては、ああ、もうすぐなんだな、と思うのだった。

そして迎えた当日。迎える嬉しさと、終わってしまうのかという切なさとが混在。一緒に観劇した丸担の友達とも、「終わって欲しくないね…。でも、早く解放させてあげたいね…。矛盾。」と話すのでした(ヤスくん、舞台が始まって見る見るうちに痩せていたので…)。

ついに開演。

豪雪の音と共にコージのばっちゃんが借金取りから取り立てに合うシーンから始まる。そしてコージ登場。ばっちゃんから背広を貰って東京で歌手デビューを目指すと言うところ。もうなんだろう…、この瞬間から涙目になってしまった。ついに始まったんだなって。

その後コージは上京し、オキナワやテレサを始め沢山の人と出会い、揉みくちゃにされながら歌うことについて考え、答えを出していく。いつまでもピュアで、不器用で。生きにくい性格。そんなコージを観てとても苦しくなったけど、最後の豪雨で熱唱するシーンは本当に感動的だった。

190分もの間、全開全力、泣いて笑って怒って暴れて歌ってをキープしてて、コージから感じるエネルギーはとんでもない重みがあって引き込まれた。幕間も観終わったあとも、………。と言葉が出ず、私も友達も気抜けしてポーッとして、ただただ、良かったよね…としか言えない状態だった。

ジレッタの時は原作を読んで頭に入れてったけど、俺節は登場人物の把握くらいで、ストーリーは真っさらな状態だった。内容が分かんなかったらどうしよう…と不安も大きかったけど、観ながら十分理解出来る感じだったのでホッとした。あと、原画のイメージから物凄い男臭い感じなのかな〜と思ったけど、確かに男臭いけど、可愛らしいところもたくさんあった。ストーリーもずっとずっと張り詰めた感じなのかと思いきや、小ネタも多く(ジャミロクワイとか、信玄餅投げるシーンとか)、笑い要素がちりばめられていてほんとによく笑った(若い人は大橋巨泉とかわかるのかなぁ。笑)。

舞台が終わってしまったのは悲しいけど、本当に観れて良かったなって思う。昨日の回想をしてはため息が出るということを繰り返す状態が暫く続きそう。

ヤスくん、こんなに良い役に出会えてほんとに良かったね。そしてくれぐれも体調には気をつけて…。最後まで無事に走り切れますように。

もうすぐ俺節

来週の土曜日に、俺節を観に行く。全身全霊をかけて挑むヤスくんのことを考えてはドキドキして、ため息が出ての繰り返し。お手紙もまだかけてない。

昨日王様のブランチに番宣で出ていて、この前ゲネプロ囲み取材で見た時も痩せたなと思ったけど、そこからさらに痩せていて、それだけエネルギーを消費するんだろうなぁ、、ちゃんとご飯食べてるかなぁ、、と心配になってしまった。。どうか、体調を崩しませんように。祈ることしかできないけど、やれることをやろう。

 

舞台の生の感じとか、そこから放たれる勢いがもろに来る感じとか、観たらこっちもすごい集中してるせいかめちゃくちゃ疲れ切ってなかなか言葉にならないのだけど、それがまた魅力的で。今までも色んな舞台を観たけど、傾向はコメディが多かったから、まだ観終わったあと軽やかだった。でも、去年まるちゃんのマクベスを観た後は、原作もきちんと読んで展開も知っていたけど、最後のシーンはやっぱりショックでほんとに悲しくなった。この前のよこのジレッタも。大倉くんの蜘蛛女のキスもすごく良いみたいだし(観に行った方のレポがとてもわかりやすくてありがたい。)。

 

きっと、色んなものを吸収して今後に活かされていくとなると、また楽しみになってくるな。

とにかく、舞台組のお三方が最後まで無事に駆け抜けられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りょうちゃんにも舞台のお仕事が来たら良いな。

 

 

ニューアルバム「ジャム」について

6/28に関ジャニ∞のニューアルバム「ジャム」が出る。ラジオやテレビで徐々に新曲が解禁されているけど、自分の元にアルバムが来るまでは聴かないようにしていて、なんとなくフィルターをかけてる。映像は無音で観てる。

 

色んなアーティストの方からの提供で、かなりの豪華版となっている今作。個人的にはユニコーンとニセさんが特に楽しみ。なんでニセ名義なのか気になるところだけど、その辺は後日談として明かされるのかそうでないのか。これを気に対談とか実現しないかなと思ったり。あと、「今」で勝手にイメージしてたのは、アコースティックでしっとりとしたイメージだったけど、まさかのダンスナンバー。そして今朝解禁されたPVもなんだかポップな感じで予想外だった!良い意味で予想外!何はともあれ、メンバーの表情とか見てたらみんなほんとにキラキラしていてかっこよくて、朝から泣きそう泣きそう泣きそうと呪文のように唱えてしまった。

 

発売まではまだ期間があるけど、手にしたらじっくりじっくり聴こう、そうしよう。

 

上を下へのジレッタ

5/20、よこ主演の舞台「上を下へのジレッタ」を観に行った。その日からあっという間に2週間。

 

思い返せば、舞台の情報解禁から間も無く、原作を即購入し読了。手塚治虫がこんな作品を出していたなんて全く知らなかった。

原作を読んだところで、これ、舞台でやるとなるとどうなるんだろう?ダークヒーロー門前一郎をやる横山裕を見てみたい!!と、チケットを手にしていないにも関わらず、舞い上がっていた。一度だけ夢も見た。チケットはというと、FCの方は全滅してしまったけど、一般で当選し、行けることとなった。

キャストやビジュアル、稽古の感じなど、徐々に解禁となり、日に日に気持ちが高まって行った。

そして迎えた当日。心臓が口から出そうになったり(余談。前日に食べた天ぷらにあたり、夜中にゲロゲロしてしまう。もしかしたら、舞台行けないかも…と涙しながら眠りにつき、翌朝奇跡的に復活、ほんとに良かった良かった…。)、緊張して開演前に何度もトイレに行ったりしてしまった。

いよいよ開演。幕が上がるととても華やかなステージの真ん中によこ扮する門前一郎が。キャストに囲まれて踊る踊る歌う歌う。初っ端からそんなキラキラと素敵な姿を見たもんだから、笑いながら涙目になってしまった。ついに始まったんだな…。

原作から色々端折った部分もあったけど(ラブシーンとか)、漫画の世界観がそのまま出てたし、小ネタも満載で何度も笑った(竹中直人最高)。あと、ミュージカルというものが初めてだったので、その迫力に圧倒し、とても新鮮な感じがした。

トーリーの最後は悲劇的で、なんとも救いようのない切ない終わり方だった。よこの最後のあの表情は今でも忘れられない。思い出す度に何だか胸が締め付けられる。ハッピーエンドかバッドエンドとかと言ったら、バッドエンドだったけど、バッドエンドなのに、あー面白かった!って思えた舞台だった。

 

私的に嬉しかったこと。それは、よことハマケンが共演したこと。自分が好きな人たちがこんな風に共演するとは思ってもみなかった(関ジャムに源さんが出た時も飛び上がる嬉しさだった)。この共演がきっかけで仲良くなったという話を聞くたびに涙が出そうなくらい嬉しくなったのでした。

 

ジレッタ東京公演も残りわずか。そして大阪公演が始まる。よこやハマケンを始め、ジレッタカンパニーのみなさんが最後まで駆け抜けられますように。

メトロック セトリ

無事に終わり、しかも大盛り上がりだったみたいで、ほんとに良かった。。いつか、夏フェスでエイトが見れたら良いなって思った。色んな人のツイートやレポを見ただけで涙でグズグズになったし、音楽関係の方々も評価していたし、初めてエイト見た人がかっこよかった!っていってたし。なんだかとてもホクホクした気持ちになった。関ジャニ∞、まだまだ色んな可能性があって目が離せないなぁ。これからも楽しみだな。同じ世界にいられて幸せだなぁ〜と思った。

 

メトロックセトリ

1.high spirits

2.ズッコケ男道

3.言ったじゃないか

4.NOROSHI

6.宇宙に行ったライオン

7.象

8.侍唄

9.勝手に仕上がれ

10.LIFE

 

RO69のレポ

http://ro69.jp/blog/ro69plus/160975?rtw

メトロックについて

関ジャニ∞がメトロックに出るというニュースから2日が経ちましたが、一向に興奮が冷めません。チケットは完売してるし、実際行くわけではないのだけど、なんだか当日のことを想像しただけでとてもワクワクする。

詳細を見ると、1番大きなステージで、サカナとCoccoの間に挟まれているじゃないですか。しかも、その次に大きなステージにはWANIMAでしょ。いつもとはガラリと違うファンに、アウェー感が半端無いこの空気に、そんな中でどんなパフォーマンスをするのか、考えただけで鳥肌立つなぁ。

セットリストもどうするんだろ。メジャーどころでいうと、ズッコケ〜とか、LIFEとかかなぁ。個人的にはTokyoholic(錦戸亮が作っためっさかっこいい曲だぞーーー!!!)をやってほしい。象は確実にやるらしいね。

出演にあたって色んな意見を見るけど、また色んなファンを取り込む機会になるし、こういうフェスに出たらきっとまたインプットすることも多いだろうし、そうしたらまた色んな形でアウトプットしてくれるだろうし。またまた魅力的なところが増えて行くんだろうな。今後も楽しみがたくさんでありがたい!

 

早速大阪メトロックの様子が。

キュウソさんがズッコケやってくれたみたいですね。時雨のピさん、オカモトズのハマくんも一緒に出たかったと言っていて、いつか、エイトが主催するフェスとか開催されて、所縁あるアーティストの方々が出演するなんてことがあったら良いな〜なんて思いました。

 

関ジャムに出てほしい人たち

ブログ、あんまり更新してないな。。

まぁ、月に一回更新出来れば良いかな。

今回もギリギリ。

 

表題の件について。

関ジャム完全燃SHOWに時々、来てほしいゲストやこんな企画が良いな〜これは嫌だなあ〜など、リクエストを送るのですが、リクエストしたのが叶った!と思うことがしばしばあって嬉しい。今後もリクエストしたいなと思ってます。そして、今後来てもらいたいゲストについて、いくつか綴ります。

 

1.フジファブリック
大好きなバンドその1。すばるくんがラジオやソロライブで「若者のすべて」を流してくれたのがとても嬉しかった。ぜひセッションしてほしいなと思います。バンドの歴史も長いし、へんてこりんな楽曲(褒め言葉)も多いし、その辺に触れながら。

 

2.Base Ball Bear
大好きなバンドその2。私のロック好きの火付け役となったバンド。ボーカルのこいちゃんこと小出祐介くんは、キンキや山Pに楽曲提供するなど、ジャニーズとも関わりがあります。ストレートなギターサウンドを、エイトとセッションしてほしいなぁ。ただ、エイトとどんな対話をするのか、イメージが湧かない。けど、見てみたい。

 

3.サカナクション

大好きなバンドその3。彼らの楽曲制作の秘話や、ライブパフォーマンスついて、存分に取り上げてほしい。特にPVについて知りたい。アルクアラウンドとかミュージックとか、かっこいいなぁって思う。コアな話が沢山聞ける気がする。

 

4.チャットモンチー

女性バンドといったらチャットモンチーでしょ!!!リクエストの度に名前を入れてる。チャット側がお断りしてるのかなぁ。。実現することを強く願います。また、セッションの際には、丸ちゃんかヤスくんにボーカルをしてほしい。

 

5.椎名林檎

ただただ、すばるくんと色気たっぷりなセッションをしてほしい。

 

6.浜野謙太

全力スキャットのパフォーマンスをお願いします。何年か前にサケロック在日ファンクでハマケンのスキャットを見た時、それまでスキャット文化というものを全く知らなかったので、かなり衝撃的でした。スキャットの歴史とか、世界のスキャットとか、色々見てみたい。

 

まだまだあるけど、一先ずこんなところかなぁ。また思いついたら綴りろう。

 

↓関ジャム完全燃SHOW↓

http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/sphone/

 

前回更新したブログも、関ジャムについてのことだった。まいっか!