読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロック セトリ

無事に終わり、しかも大盛り上がりだったみたいで、ほんとに良かった。。いつか、夏フェスでエイトが見れたら良いなって思った。色んな人のツイートやレポを見ただけで涙でグズグズになったし、音楽関係の方々も評価していたし、初めてエイト見た人がかっこよかった!っていってたし。なんだかとてもホクホクした気持ちになった。関ジャニ∞、まだまだ色んな可能性があって目が離せないなぁ。これからも楽しみだな。同じ世界にいられて幸せだなぁ〜と思った。

 

メトロックセトリ

1.high spirits

2.ズッコケ男道

3.言ったじゃないか

4.NOROSHI

6.宇宙に行ったライオン

7.象

8.侍唄

9.勝手に仕上がれ

10.LIFE

 

RO69のレポ

http://ro69.jp/blog/ro69plus/160975?rtw

メトロックについて

関ジャニ∞がメトロックに出るというニュースから2日が経ちましたが、一向に興奮が冷めません。チケットは完売してるし、実際行くわけではないのだけど、なんだか当日のことを想像しただけでとてもワクワクする。

詳細を見ると、1番大きなステージで、サカナとCoccoの間に挟まれているじゃないですか。しかも、その次に大きなステージにはWANIMAでしょ。いつもとはガラリと違うファンに、アウェー感が半端無いこの空気に、そんな中でどんなパフォーマンスをするのか、考えただけで鳥肌立つなぁ。

セットリストもどうするんだろ。メジャーどころでいうと、ズッコケ〜とか、LIFEとかかなぁ。個人的にはTokyoholic(錦戸亮が作っためっさかっこいい曲だぞーーー!!!)をやってほしい。象は確実にやるらしいね。

出演にあたって色んな意見を見るけど、また色んなファンを取り込む機会になるし、こういうフェスに出たらきっとまたインプットすることも多いだろうし、そうしたらまた色んな形でアウトプットしてくれるだろうし。またまた魅力的なところが増えて行くんだろうな。今後も楽しみがたくさんでありがたい!

 

早速大阪メトロックの様子が。

キュウソさんがズッコケやってくれたみたいですね。時雨のピさん、オカモトズのハマくんも一緒に出たかったと言っていて、いつか、エイトが主催するフェスとか開催されて、所縁あるアーティストの方々が出演するなんてことがあったら良いな〜なんて思いました。

 

関ジャムに出てほしい人たち

ブログ、あんまり更新してないな。。

まぁ、月に一回更新出来れば良いかな。

今回もギリギリ。

 

表題の件について。

関ジャム完全燃SHOWに時々、来てほしいゲストやこんな企画が良いな〜これは嫌だなあ〜など、リクエストを送るのですが、リクエストしたのが叶った!と思うことがしばしばあって嬉しい。今後もリクエストしたいなと思ってます。そして、今後来てもらいたいゲストについて、いくつか綴ります。

 

1.フジファブリック
大好きなバンドその1。すばるくんがラジオやソロライブで「若者のすべて」を流してくれたのがとても嬉しかった。ぜひセッションしてほしいなと思います。バンドの歴史も長いし、へんてこりんな楽曲(褒め言葉)も多いし、その辺に触れながら。

 

2.Base Ball Bear
大好きなバンドその2。私のロック好きの火付け役となったバンド。ボーカルのこいちゃんこと小出祐介くんは、キンキや山Pに楽曲提供するなど、ジャニーズとも関わりがあります。ストレートなギターサウンドを、エイトとセッションしてほしいなぁ。ただ、エイトとどんな対話をするのか、イメージが湧かない。けど、見てみたい。

 

3.サカナクション

大好きなバンドその3。彼らの楽曲制作の秘話や、ライブパフォーマンスついて、存分に取り上げてほしい。特にPVについて知りたい。アルクアラウンドとかミュージックとか、かっこいいなぁって思う。コアな話が沢山聞ける気がする。

 

4.チャットモンチー

女性バンドといったらチャットモンチーでしょ!!!リクエストの度に名前を入れてる。チャット側がお断りしてるのかなぁ。。実現することを強く願います。また、セッションの際には、丸ちゃんかヤスくんにボーカルをしてほしい。

 

5.椎名林檎

ただただ、すばるくんと色気たっぷりなセッションをしてほしい。

 

6.浜野謙太

全力スキャットのパフォーマンスをお願いします。何年か前にサケロック在日ファンクでハマケンのスキャットを見た時、それまでスキャット文化というものを全く知らなかったので、かなり衝撃的でした。スキャットの歴史とか、世界のスキャットとか、色々見てみたい。

 

まだまだあるけど、一先ずこんなところかなぁ。また思いついたら綴りろう。

 

↓関ジャム完全燃SHOW↓

http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/sphone/

 

前回更新したブログも、関ジャムについてのことだった。まいっか!

ジャムについて

前回の更新から1ヶ月以上経ち、ついにはてなブログさんから、記事書きませんか?とメールが来ました(そのメールが来たのもだいぶ前)。

来たる6/28、関ジャニ∞のニューアルバム「ジャム」が発売と、昨日発表されました。その前に、エイタメ映像が5/10ですね。次から次へと嬉しい情報が来るので、嬉しいが溢れてとまりません。今からユニットや特典について考えてニヤニヤする。楽曲提供して下さるアーティストの方々もバラエティ豊かで、色んな垣根を越えて広まりを見せているのがまた嬉しい。

 

話は変わって、最近の関ジャムについて思うことを書きます。

放送が開始した時は、検定とか変な料理コーナーがあって、今日はあんまり面白くない回だったなぁとか思うこともあったけど(リクエストフォームにも送ってしまったー)、ここ最近はずっと面白いなと思う。時間が遅くて寝てしまうこともあるけど。

好きなバンド、アーティストの方が共演することが増え、ちょこちょこリクエストが反映されているような気がして嬉しい。昨日のベース特集もすっごく面白かったな。何と言っても、エイトのメンバーが楽しそうだった。あと、kenkenにしてもハマくんにしても、自身のツイッターやインスタで関ジャニ∞や関ジャムの魅力を語ってくれるのが嬉しい。やっぱり、好きなもの同士が繋がるのって、嬉しいなぁ。

今週のPerfumeも魅力いっぱいという感じで、放送が待ち遠しい。すばくらでダンスとか。。ほんの数秒の予告見ただけでハッピーでした。プレゼンターにピエール中野と遠山さんというのも◎

今後も色んなジャンルの方と共演するんだろうなぁ。毎週のスパンで曲を覚えたりダンス覚えたりと大変だなと思うけど、楽しみだなぁ。

↓関ジャムの魅力についてのブログ↓

http://sp.ro69.jp/news/detail/154002

関ジャニ∞について

私はロックバンド(主に邦)が好きで、学生時代からよくライブやフェスに行きまくっていました。就職してからは数は減ってしまったものの、ぽつぽつとライブに足を運び、特に情熱を注ぐバンドのためなら地方にも行く程なのでした。

話は変わりますが、学生時代、なんなら小学生の時から周りには必ずと言っていいほどジャニーズの誰かしらのファンがいました。私と言ったら、好きでも嫌いでもなく、興味がないと言った感じで。いやむしろ、コンサートで団扇を掲げてキャーキャーする感じとかありえない、、と言った感じに、アンチなところもありました。

そんな私に今から3年程前、転機が。当時放送していた、ごめんね青春!というドラマ。主演は関ジャニ∞錦戸亮くん。脚本は宮藤官九郎。元々クドカンが好きだったことと、錦戸くんもちょいちょいドラマ(ラストフレンズとか1リットルの涙とか)で見ていたこともあって、これはなんだか面白そうだぞと思い、毎週楽しみに見るのでした。

ちょうどその頃、書店に行くと錦戸くんが表紙のananが発売されており、目についたのでした。でも、ananなんて買ったことないし、ジャニーズだし、、とまごついていたのですが、中の写真がとっても良く、私の好きなブランドの服を着ていたこともあり、気がつけばレジに運びお金を払っていたのでした。

その後も関ジャニ∞が自主レーベルを立ち上げた、公開ラジオが云々とニュースで見かける度になんだか気になる存在になっていくのでした(この時にはレーベル立ち上げたあとだったかなぁ。。時間軸が前後してごっちゃになってる。。)。こんな感じでなんだかじわりじわりと来てたのですが、そこにまたプッシュされるような出来事が。それは、高校時代から仲良しの友達が関ジャニ∞丸山隆平くんにはまり始めていたのでした。彼女も私と同じく、ロックバンドが好きでアンチジャニーズだったので、まさか!!!!とかなり衝撃的でした(未だにお互いに、まさかねぇ。と繰り返している)。

その後、手始めに8ESTというベストアルバムを購入。どうしてもLIFEが聴きたくて。このLIFEという曲、私の中では特別なのです。これは東山紀之さん主演のドラマの主題歌だったと思うのですが、当時ロックバンドどハマりだった私はへぇ、ジャニーズもバンド出来るんだぁ、しかも良い曲じゃん!(上から目線で申し訳ありません)と思い、関ジャニ∞と言えばLIFEという認識でいました。

その後、上記の丸山担の友達から十祭をお借りし、またしても衝撃を受け、その後発売となった関ジャニズムを購入。(何日かして、十祭も購入。)徐々に過去のCDやDVDなどを集め、一昨年の夏のリサイタルの頃には関ジャニ∞への思いが膨れ上がり、一回で良いから関ジャニ∞のライブが見たい、と思うようになっていました。気がつけば画像を検索したり、動画を見たり。どんどんのめり込んで行くのでした。

そして一昨年、運が良いことに職場の村上担が元気コンのチケットを取って下さり、晴れてエイトコンデビュー。初めて見た時の感想は、はぁ、、彼ら生きてるんだなぁ、と放心状態だったと思います。その日の帰りにファンクラブに入会。担当欄に錦戸亮と書いた時は震えました。

その後はもう、関ジャニ∞ライフ全開。毎日何かとエイト事に触れ合って、それはそれは幸せです。

 

長々とアンチジャニーズからジャニオタになるまで綴ってみました。どこでどうなるかわからないなぁ。でも、楽しいから良いか。

もちろん、ロックバンドも好きなので、関ジャニ∞とロックバンド、平行して応援していきたいと思います。