すばるくん

すばるくんの退所、脱退を受け、思ったことを吐き出す。

 

最初は何が起こったんだろう?どういうことだろう?と現実味がなく、泣くでも喚くでもなく、マジかぁ……そうなのかぁ。と、そんな言葉しか出てこなかった。出先にいたため、記者会見の映像やインタビューの記事などを見たのはつい先ほど。

受け入れる段階にあるのかないのか、消化出来てるのか出来てないのか、その判断はよくわからないが、とにかく両極端な自分がいる。

 

すばるくんが決意したこと、メンバーとの話し合いがあったこと、これからのすばるくんと関ジャニ∞についてなど、本人たちから発せられる言葉を聴き、素直に応援したいと思った。絶対に緩やかな道のりではないと思うし、正しく苦渋の決断だったと思う。再出発、直向きな姿、かっこいいじゃんか!!また応援させてください、そんな気持ちになった。

そう思う一方で、もう7人の関ジャニ∞は見れないのか。寂しいな。そんな風にも思ったり。つい先日まる担の友達と、「きっと来年の15周年でコンサートあるよね?ロマネスク聴けるかな??I to Uも聴きたいよね?聴きたい曲、聴けてない曲、沢山ある!」と、夜な夜なジャムコン見ながら語り明かしたところだった。7人揃って15周年を迎える。完全に思っていたので、それが叶わないのかと思うとなんだか寂しく悲しい気持ちにもなる。

 

暫くこの両極端な気持ちの中で行ったり来たりするのかなぁ。わからない。すばるくんがいない関ジャニ∞ってどんななんだろうか。全く想像つかないな。